ニキビのレーザー治療

レーザーによるニキビ跡の治療

とにかくニキビ跡を何とかしたい、自己流でケアしても治らないという場合は、やっぱりレーザーで治療するのが一番です。
レーザーによるニキビ跡の治療は、重度の症状だけというイメージがあるかもしれません。
ですが、今はいろいろなレーザー治療が確立されているので、重症化したニキビ跡だけじゃなく軽いニキビ跡なら美肌効果まで期待出来る治療法もあります。
もちろんしこりやケロイドなど、自分ではどうしても治せないタイプのニキビ跡でも改善できるので、ニキビ跡に悩んでいる方は検討してみるといいですね。

 

重度のニキビ跡

 

重度のニキビ跡や治らないニキビ跡は、この真皮層や皮下組織まで炎症のダメージが及んでいます。
一般的なスキンケアだと、どんなに優れた美容成分が入っている基礎化粧品を使っても、真皮層や皮下組織まで浸透させることはできません。
それにターンオーバーは肌細胞を生まれ変わらせるので、健康な肌にしてくれますが、真皮層や皮下組織がダメージを受けているとターンオーバーも滞ります。
そのため、どんなに頑張ってケアしてもニキビ跡が治せないのですね。
レーザーというのは、普通ならケア出来ない深層部にまで光が届き、特殊な波長で深部の状態を改善できるので、どんなニキビ跡にも効果があるのです。

 

フレクセルレーザーと炭酸ガスレーザー

 

レーザー治療でポピュラーなのは、フレクセルレーザーと炭酸ガスレーザーです。
フレクセルレーザーは皮膚細胞を再生させる治療法で、レーザーで表皮に0.1mmぐらいの小さい穴を開ける施術を行います。
レーザーが照射された皮膚の肌組織は一度破壊されますが、熱エネルギーによって細胞分裂が活性化してコラーゲンが再生されます。
そして肌組織が再構築されることで、新しい皮膚が生まれて凹みを治すことができます。

 

炭酸ガスレーザー治療は、ダメージによってコラーゲンが異常生成されて、表皮まで盛り上がってしまうことでできるクレーターに効果がある治療法です。
炭酸ガスレーザーを、角化したコラーゲンに照射して削り、表皮をなめらかに整えます。
削ったら血が出るのでは、と不安かもしれませんが、炭酸ガスは水分に一瞬で吸収されるので血液も一瞬で固まるので流血することはありません。
角化したコラーゲンはピーリングでは落とすのが難しいので、盛り上がったニキビ跡はこのレーザーで治すといいですね。

 

レーザー治療の注意点は、ホームケアも怠らないことです。
治療後は火傷状態になるので、日焼け対策はもちろん患部は基本的にガーゼなどで保護して外気に当たらないようにします。
これを怠ると、お岩さんみたいになってしまうこともあるので気をつけてください。